ローマのお花屋さん

こんにちは、花幸横浜西口店スタッフの浦井です。

1月の17日より長期にわたり、ローマへ留学しに行っていました。

現地ではイタリア語はもちろん、さまざまなことを聞いて、学び、そしてなにより現地の文化や人々に

溶け込むことによって、自分自身をまた大きく成長させることができました。

最初は留学なんて怖くて絶対にむり!イタリア語なんてぜったいむり!と無理と思えることが数え切れないくらいありました

でも、現地に行くといいかげんで無愛想なイタリア人でもイタリア語でがんばって話しかければ「bene!(上手という意味)」

と返してくれますし、お店を出るときは満面の笑顔で「Ciao!」と手を振ってくれます

こういう何気ない会話も、毎日続けることによって、だんだんとイタリアの色に染まっていくのが自分でもわかりました。

友達は気さくで、たくさん話しかけてくれますし、言葉なんてわからなくてもジェスチャーで8割は通じます

なんだこんなものか・・と1週間ほどで感じ、話す言葉や文化は違うけど、みんな自分と同じ人間なんだ、なにも変わらないんだと

強く思い知らされました。

ローマの街はイタリアでもっとも大きく、人口も一番です。なんといっても首都ですから、当たり前なのですが

東京みたいに、大きな高層ビルはなく、街ははるか3000年前の古代ローマの遺跡を融合して、まるでタイムスリップしたように

感じられるところです。

これはローマの街の中に存在するバチカンと呼ばれる国。世界最小のミニ国家。

ローマのテルミニ駅から地下鉄A線にのって、20分。オッタヴィアーノ駅下車。徒歩10分の距離です。

ここがぼくのお気に入りで、土日の休みの日はここにいって広場で寝転んだり、本を読んだりしていました。

そのバチカンから数分の通り沿いにあるお花屋さん。ローマにはこういった簡易的なお花屋さんがいくつもあって

街の雰囲気をかわいくしています。(黒人やアラブ系の移民の方が経営してることが多いです)

主に目立つのはシクラメン、プリムラ、ヒペリカムの鉢。基本的に日本で販売されているものと同じでした

値札はどのお店もついていないことが多く、店主に聞かないとわかりませんでした。

こちらは町の中央。トッレアルジェンティーノ広場からほど近いお花屋さん

唯一ぼくが見た中で、きちんと値札がついていました。(それでも全部じゃないし、値札の位置が適当)

オリーブの鉢が21ユーロ70セント 日本円で2400円くらい。

オレガノとローズマリーの鉢が2ユーロ15セント 240円くらいでしょうか

その他シネラリアが4ユーロ55セント 約500円ほど

ハーブ系は安く、それ以外は日本とあまり変わりませんでした。(お店によってまちまちです)

ローマには何度も観光で訪れたことがありましたが、今回のようにゆっくりとお花屋さんを見て回れたのは初めてです。

こういう余裕があるのも留学のいいところですね

ローマで過ごして、この街のすばらしさを感じたり、日本の良さを再認識したり、違いにびっくりしたり。

本当にぼくにとって心地よい忙しさと一生思い出に残る素敵な体験になりました。

shop

横浜駅西口の顔として35年、ハンズ、ビブレ、ドンキホーテなどの大型商業施設と小さなそしてさまざまな業種のお店が立ち並ぶとても賑やかな場所に位置します。 季節の花々はもちろん、個性溢れる花達、ギフト用花鉢、各種洋蘭、観葉植物、多肉植物等 豊富に取り揃えております。 お気軽に立ち寄っていただけるようスタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

[TEL] 045-314-1254
[FAX] 045-314-1254
[営業時間] 9:30~21:00
[定休日] 正月4日間、夏季休業4日間

横浜市西区南幸2-8-20
横浜駅西口を下車、五番街方面より東急ハンズ方面へ徒歩7分、ビヴレ、ダイエーのある5差路の一角が当店です。